読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

「ダイス・オブ・ザ・デッド」どどんとふ用非公式ダイスドラフトシート

すでに良いマップ作っている方がいますがせっかくつくったので公開しておきます。

サイトの画像を直接保存するとファイルサイズがおかしくなるのでこちらからダウンロードしてください。

※ 使用報告不要です。

※このシートは予告なく公開を停止する場合があります。

 

f:id:nunnnunn:20160429144703p:plain

 

なるべく公式のシートの配置はそのままに、よりオンセに適した配置になるように組み替えました。

PCのコマはサイズ3でちょうど収まります。

NPCやゾンビのコマはサイズ1でGM欄に並べるのが一番視認性いいかもです。

騒音がマップマーカーでランクを管理し、チットで回数を数えます。

下の欄にチットを置いて、騒音がたまると上の赤ゲージに動かします。

騒音がリセットされるとすべて下に戻ります。

f:id:nunnnunn:20160429145014p:plain

 

騒音チットも自作したのでよければどうぞ

 

キャラクターシートも自作しているのでこちらも

nunnnunn.hatenablog.com

「ダイス・オブ・ザ・デッド」オンラインセッション用非公式キャラクターシート

ゾンビサバイバルRPG ダイス・オブ・ザ・デッド

オンセでやるにはいろいろと不都合が多いシステムだったのでキャラクターシートを自作しました。
以下に書く使い方などによく目を通してからお使いください。

続きを読む

twitterでのエロ画像の扱いについて

togetter.com

 

大元は二次創作、それも小説などのテキストに関しての問題だったようだが派生してエロ画像その他も議題に。文章エロについてはまとめ内での言い分はわからないでもないので、今回はイラストなどの画像エロについて。

 

twitterルールでは以下のように定められている

  • 刺激の強いコンテンツ: ポルノ画像または過度に暴力的な画像を、プロフィール画像、ヘッダー画像、または背景画像に使用することを禁じます。Twitterは、ツイートが不適切な画像/動画を含むものとして設定されていた場合、刺激の強いコンテンツの掲載を許可することがあります。コンテンツが不当な死に関連したものである場合、Twitterは亡くなられた方の尊厳を守るために削除を依頼する場合があります。
  • The Twitter Rules | Twitter Help Center

禁止されているのはあくまでプロフィールやヘッダーだけであり、アップロード自体は容認されているように見える。事実、多くのアカウントがエロ画像のアップロードを行っているが、それらが全て規制されるということはない。

ただし条件として「ツイートが不適切な画像/動画を含むものとして設定されていた場合」とある。この設定は各々のアカウントで行えるが、エロ画像をアップしているアカウントが全てこの設定を守っているわけではない。この設定がなければ、閲覧側がフィルタリングをしていても画像は即座に表示される。

 

twitterには自動でポルノ画像を識別するAIもある。

アカウントでフィルターの設定を行わずとも、AIによってエロと認定されれば自動で不適切な画像と設定される。しかしこのAIも万全ではない。ほとんどの画像は問題なくアップロードされ、一方で健全な画像がポルノ認定を受けることもある。

togetter.com

 

f:id:nunnnunn:20160320202315p:plain

 上下の画像付きツイートは成年誌の画像に修正を施したもの、真ん中の非表示になっている画像は女の子の下着姿は描かれているが上下のものよりはかなり抑えめのイラストである。

この例よりもっと過激な画像でもフィルターがかかっていないものは多い。

 

 

 

よってどれだけ気をつけていても、twitterを使っている以上、エロ画像を目にしてしまう場面は多い。フォロワーのRTやアクティビティ、タグやトレンドなどを通しさまざまな場所からエロ画像は流れてくる。

 

 

不快な画像を見てしまった場合にできることは通報である。

先のtogetterのように、直接アップ主やその他に問い合わせるのはトラブルの元だ。

twitterには不快な画像を通報できる機能がある。

 

ツイートを通報すると、該当のツイートは通報者のタイムラインには表示されなくなる。ただ削除はされないため、他のアカウントからだと問題なく表示される。

1つのアカウントからの通報では、明らかに規約違反な問題画像をあげているアカウントでも対応されることはない。しかし多くのアカウントから通報されたツイートは削除対応されることもあるようだ。

 

f:id:nunnnunn:20160320203405p:plain

f:id:nunnnunn:20160320203422p:plain

通報後削除されていたツイート(画像はこちらで編集)

通報前は400RT、1000いいね以上の人気ツイートだった。多くの人の目に止まり通報が集まれば削除対応もありうるのかもしれない。これ以外にも自分のタイムラインに流れてきたR-18と思われる画像を無作為に15件ほど通報したが現状削除されていたのはこのツイートのみだった。ただし該当アカウントからは他のR-18画像も一緒に削除された様子。

不快な画像があれば、通報しよう! 1人で駄目でも10人、100人と集まっていけばtwitterに不快な画像をあげるアカウントを撲滅できるのではないか! 不埒なアカウントは全部通報! 汚物は消毒! 全て消して燃やして焼け野原だ!!

 

 

 

 

 

ていうかこのブログに読者にちょっとエッチな画像に目くじらたてるような人はそういないだろう。かくいう自分もエロい画像は大好きだ。だからこそ、エロい画像をあげるアカウントには自衛してほしいと思う。その画像見て不快に思って通報する人たちを自分は止められないし、自分のフォロー外からいくらでもエロ画像が流れ込んでくるという現状もある。今規約に明記されていないとはいえ、実際に削除やアカウント凍結される例もないわけではない。いつ規約が書き換えられるかもわからない。だからせめて規約を守っていると主張するならば鍵垢までいかなくともフィルターを設定しよう。

ドヤ顔で推理を披露しないと野村美月作品の主人公になれないのか『下読み男子と投稿女子』

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)

 

この話こそ、バトルもダンジョンもない優しくて温かい日常的な話でよかったんじゃないのか?

 

下読みの男の子とラノベを書く女の子が出会って、多くの壁にぶつかりながらも一緒に作品を完成させていく。そういう話じゃ駄目なのか?

自分はこのお話に敵が必要とは思えない。いや、どうせ敵を出すならもっと清々しいまでの悪役が必要だった。純粋な悪意で動いているような悪党を二人の力で打ち破るような勧善懲悪のほうがまだずっとよかった。

主人公は、善意でひた隠しにされてきたことを、心の奥底に封印してきた感情を、さぞ自分だけが完璧に推理したかのように、それこそミステリ作品を楽しむ読者のように、得意気に自慢気に推理を披露して楽しかっただろうか? 主人公の推理は他の登場人物の感情を一切無視している気がしてならないのだ。その事実はなぜいままで秘匿され続けてきたのか一切考えなかったのか? 主人公の口から全てを明かしたところで果たしてみんなの納得が得られるだろうか。全てわかったかのように他人の感情を暴きだすのはさぞ楽しいことだろう。胸がすくだろう。心が弾むだろう。お前だけが気持ちいい世界でお前だけが一生生きればいい。独善、偽善、欺瞞、傲慢、エゴ。吐き気がする。

 

結局何も解決してはいないのだ。なにがしたかったんだこいつは?

氷雪も氷雪の祖母も何も変わらない。騒ぎがまとまったのは主人公以外が大人だったからだ。自分の押し通したい我を我慢して譲りあった結果だ。

 

少年と少女が出会い、事件と直面し解決していくというストーリーラインは「文学少女」や「ヒカル」で繰り返し描かれてきた野村美月の得意分野だ。問題を抱えた少年と少女が出会うことで新たな問題が発生し、それを解き明かしていくという物語は非常に楽しく、読んでいて心地よい気分にさせられる。

「下読み男子と投稿少女」はその作者お得意のラインに下読みの男の子とラノベを書く少女を乗せただけだ。ただの少年と少女は物語というレールに乗せられたばかりに「事件」に巻き込まれる。なんでライトノベル書くって話で家庭問題の解決なんてやらなきゃいけないの???

カテエラについて散々作中でも語っているような作品でさえもカテゴリーエラーに振り回されている事実に暗澹とした気持ちになる。本書は野村美月作品の中でも明確に失敗作といえる作品だろう。しかし、失敗作でも、いや失敗作だからこそ、自分はこの作品を多くのラノベ投稿者に、新人賞の下読みに、大勢の読者に読んでみてほしいと考える。

本書には少年と少女の優しいふれあいの中に多数の厳しい現実がつめ込まれている。どんな大作であろうと万人に愛されることはないし、人気作がある一方で多くの作品はほとんどがたった一人の手によってこき下ろされていく。自分の書きたい物語は必ずしもみんなに愛される内容ではない。それらの厳しい現実は、投稿者には勇気を、下読みには覚悟を、読者には感動を与えてくれるだろう。

 

 

『東京レイヴンズ』と『織田信奈の野望』のパチンコ化が発表

織田信奈の野望 全国版 (1) (ファンタジア文庫)

 

だいぶ前から噂されていた2作のパチンコ化が最近発表された。

 

www.fujimarukun.co.jp

 

www.nishijin.co.jp

 

 

『CR東京レイヴンズ』を手掛ける藤商事は『CR緋弾のアリア』『パチスロ 緋弾のアリア』を手がけた藤商事。

『CR織田信奈の野望』を手掛ける西陣なぜかライトノベル原作ということになっているパチンコ機『モモキュンソード』のメーカーである。

緋弾のアリアAA』が本編『緋弾のアリア』終了後から4年も経ってからアニメ放映されたようにパチンコ・スロット化したアニメは不思議と続編制作されることが多いので今回の2作も期待したい。

まあパチ化したところで何の音沙汰もない作品だってあるんだけどね。『ささみさん@がんばらない』とか、なぜそれをスロットにしたっていう。

 

現時点での発表を見る限りはどちらの機種も新規アニメ映像の収録はなさそうだが新規の楽曲は書き下ろされるようだ。自分はパチンコをやらないがパチンコ楽曲は良いものも多くて嫌いじゃないので新規楽曲には大いに期待している。好きなBGMは「ひたぎタイム」です。

 

 

 

 

今は昔、主ラノというサイトありけり

blog.livedoor.jp

 

お、オススメサイトの紹介か~、どれどれ主ラノは載ってねえ!

まとめ
今は昔、ラノまとやわなびニュースというサイトありけりーー
ライトノベルまとめサイトは、現在まとレーベルを残して絶滅状態です。

 元まとめ扱いもされてねえ!

なんだかんだでこの手のラノベサイト紹介記事には今まで乗り続けてまだまだ一端のラノベサイトだって気がしていたが、まあうん更新少ないし。TRPGとかラノベ以外の記事も多いし、そもそもめぼしいニュース記事なんて書かないし感想も旧作ばっかだし情報サイトとして終わってるのはわかっていたけれども。ただ企画もののところとかに載せてくれても、いいんだよ?

まあ自分みたいな零細サイトが何言おうと肝心な知名度が足りないので仕方ないのだが、実は新刊情報と新刊の感想とアニメ化情報と新レーベル創刊情報と企画記事をすべて網羅しているラノベサイトがあるのだ。

そう、このサイト名の元ネタでもあるライトノベル総合情報サイト ラノベニュースオンラインである。というかラノベ系サイトまとめに載ってなくていいのか!? ラノベニュースオンラインよ!!

ln-news.com

 

 

始まった当初こそあんまり更新がなく、他のサイトのRSSばかりだったけど、いつのまにかわりと網羅的に更新してた。

いまでは公式のニュースに関してはここだけでわりとカバーできる感じある。

 

別に自分もラノベニュース追いかけてないわけではないけどラノベニュースオンラインで更新しているような内容をわざわざこのサイトで更新しても仕方ないと思うんだよな。RSSみて複数のサイトでまったく同じような更新してるのみるとうざったいし。twitterでリンク付きツイートすればすむ話。よっぽど何か言及したいニュースであれば記事にするけど。

ここはいままで通り、他サイトでとりあげないような話題や、個人的な関心の強い話題メインで更新していくのでどうぞよろしく。

『ただし少女はレベル99』そしてレベル1の僕ら

ただし少女はレベル99 (講談社ノベルス)

 

 

汀こるもののレベルシリーズ(?)の1巻。

中学生の出屋敷市子は不可能を可能にする女だ。すごい超能力?というか魔法を使える。頭のネジもぶっとんでる。何考えてるか判んない。地味。根暗。異分子。

ゆえに出屋敷市子はいじめられる。しかしそのいじめすらも跳ね除ける能力を持っている。出屋敷市子に害なそうとしたものは決まってなにかおかしな現象に巻き込まれ記憶も定かではなくなる。精神的にも達観していて多少のことでは動じない。she is a perfect human.まさにレベル99。神である。本人によればまだ神ではないらしいが。

出屋敷市子の周りで起こる事件も大概おかしなことばかりだ。というか周りに集まってるやつらがおかしい。天狗とか狐とか、家族構成とか親戚関係はちょっとよくわからないけど、お父さんはいるようだ。ものすごい変人だけど。良識という名の皮をかぶった宇宙人みたいな。出屋敷市子の関係者は、他にもたくさんいるようだけど、全員が全員おかしな人だと思う。

そんな、そんなレベル99な、出屋敷市子が、こわいのだ。

 

かわいいし、なんでもできちゃう出屋敷市子はすごいけど、彼女をみても出屋敷市子のようになりたいとは思わない。それにレベル1がどう頑張ったってレベル99にはなれない。現実世界のレベルは簡単にはあがらない。毎日学校に通って地道に勉強しても、毎日会社に通って真面目に仕事しても、どれだけ経験値を稼いでも、自分たちにできることなんて限られていて、不可能はずっと不可能なままで、僕たちはずっとレベル1のままなんだ。

 

続刊のタイトルにも表されているように、この物語はレベル99の出屋敷市子が徐々にレベル1に近づいていく物語なのかもしれない。そうしていくにつれ出屋敷市子は己の無力さをしっていくだろう。レベル99は完璧だ。しかしそれゆえに人間ではない。神だ。中学生女子で神とかちょっと。「かみちゅ」じゃないんだから。

 

かみちゅ! 1 (電撃コミックス)

かみちゅ! 1 (電撃コミックス)

 

 

 

出屋敷市子はその力でさんざん暴れまわる。時には力の暴力とでもいえるような清々しいまでのチートっぷりを発揮してあらゆる事件を解決する。

和風伝奇ファンタジーな連作短編だが。最後にはそれまでの物語が収束していく。

それぞれの短編自体も独創的で面白いが、やはり出屋敷市子の成長物語としての側面が一番強く、続編の内容が非常に気になる1冊だった。

 

割りと納得感のあるあとがき

 

ただし少女はレベル99 (講談社ノベルス)