読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

感想

『バビロン2』絶望の話

バビロン 2 ―死― (講談社タイガ) 作者: 野崎まど 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/07/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 1巻のレビューは他サイトで https://shimirubon.jp/reviews/1674379

『この恋と、その未来。』森橋ビンゴは「一般向け」なのか?

ここ数日「森橋ビンゴ作品は一般向けだからラノベ読者受けしない」みたいな言説が散見されるが、みんなに内緒で女の子と同性生活っていう思春期男子の股間に豪速球ドストレートな設定が読者からカテエラ判定されると思えないのだけど、その他のビンゴ作品に…

ドヤ顔で推理を披露しないと野村美月作品の主人公になれないのか『下読み男子と投稿女子』

この話こそ、バトルもダンジョンもない優しくて温かい日常的な話でよかったんじゃないのか? 下読みの男の子とラノベを書く女の子が出会って、多くの壁にぶつかりながらも一緒に作品を完成させていく。そういう話じゃ駄目なのか? 自分はこのお話に敵が必要…

『ただし少女はレベル99』そしてレベル1の僕ら

汀こるもののレベルシリーズ(?)の1巻。 中学生の出屋敷市子は不可能を可能にする女だ。すごい超能力?というか魔法を使える。頭のネジもぶっとんでる。何考えてるか判んない。地味。根暗。異分子。 ゆえに出屋敷市子はいじめられる。しかしそのいじめすら…

このタイトルはなんでしょう?「○○○○○○○○殺人事件」

史上初のタイトルあてミステリ。 小説で最も大切であるタイトルを隠しているその性質上、本書の内容に関しては何を語ってもネタバレになる。 しかたないので表紙のデザインについてでも語ろうか。 赤髪のヒロインと真っ青な背景にピンク縁のタイトル。うーん…

登場人物全員頭が悪い「世界寿命と最初の七日間」

同名楽曲のノベライズなのだけれども、楽曲の歌詞をそのまま10倍くらい綿棒で薄くぺらっぺらになるまで引き伸ばして何の味付けもせずに仕上げたような内容でした。素材の自然のままの味をお楽しみください……ただし生肉!!みたいなっ。 日々鬱屈とした日々を…

バス事故で死んだ24人の高校生と、生き残った2人の物語『テルミー』

何の因果か、運命のいたずらか、事故にあったバスに乗車していた高校生で唯一の生き残りである鬼塚輝美に、死んだ24人の魂が憑依した。 もう一人、バスに乗らなかったことにより生き残った灰吹清隆と共に、死んだ24人の“最後の願い”を叶えていく。 この物語…

『キノの旅 XIX the Beautiful World』の「プロローグ」と「エピローグ」について

「キノの旅」というシリーズは連作短編なわけだけど、その各巻での印象の大部分を占めるのは「プロローグ」と「エピローグ」だと思っている。 他に印象的な話がないわけではないが、読んでから時間が経ち、後々になって特定の巻を振り返るときに自分は「そう…

密室の中で繁栄する〔少女庭国〕

久しぶりにやばい本を読んでしまったので全力でシェアさせていただきたい。 まずあらすじを引用する。 卒業式会場の講堂へと続く狭い通路を歩いていた中3の仁科羊歯子は、気づくと暗い部屋に寝ていた。隣に続くドアには、こんな貼り紙が。卒業生各位。下記の…

「コスプレイヤー榛名 妄想拡張ディスク」感想

6/21新刊 「コスプレイヤー榛名 妄想拡張ディスク」サンプル by 宇古木蒼@8/14 東F22a on pixiv この本は「艦これ」こと「艦隊これくしょん」のキャラクターを扱った本ではなく、「艦これ」の“コスプレイヤー”を題材にした小説である。「艦これ」の榛名のコ…

「ツイ4新人賞」を今更読んだので一人でだらだらくだをまく 前編

作品No.1『口に出すと口が気持ちよくなる言葉(仮)』 口に出すと口が気持ちよくなる言葉(仮) -『第1回 ツイ4新人賞座談会』星海社編集部 | ツイ4 | 最前線 うーん、これそんなに気持ちいい? 口に出して読んでみてもあんまり気持ちいいと思えないんだよなあ…

物語シリーズ作者の文字欠け小説

① 最初に感想文を制限なく執筆 ② 五十音46字から、任意の6字を選択。 ③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。 ④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する! ⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱…

維新記す損字小説

① 最初に感想文を制限なく執筆 ② 五十音46字から、任意の6字を選択。 ③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。 ④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する! ⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱…

西尾維新の制限文字ノベル

① 最初に感想文を制限なく執筆 ② 五十音46字から、任意の6字を選択。 ③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。 ④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する! ⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱…

西尾維新のリポグラムノベル「りぽぐら!」

① 最初に感想文を制限なく執筆 ② 五十音46字から、任意の6字を選択。 ③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。 ④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する! ⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱…

西尾維新のリポグラム小説「りぽぐら!」

リポグラムという小説技法がある。特定の文字を使わずに小説を書くという試みだ。 本作はそのリポグラムの技法をもって、3つの短編を4通り書き直すという実験小説である。 1作目は妹が人殺しをする話。登場人物も妹や友達、母、父など他の言葉で置き換えやす…

7月4日「文化祭の夢に、おちる 」サスペンス風SF仕立て青春小説

桐乃高校の文化祭には、他の高校にはない二つの特徴がある。 一つは、三年に一度しか行われないこと。もう一つは春でも秋でもない七月の五日に行われるということ。 この物語は、そんな文化祭の前日。7月4日に起きた不思議な事件を描いた話だ。 文化祭の前日…

自分が面白いと思った本が、他の人にも読まれる喜びは何物にも代えがたい「翼を持つ少女 BISビブリオバトル部」

「ビブリオバトル、GO!」 読書が好きな人ならば誰しもが抱く感情がある。 「自分が面白かった本を他の人にも読んでもらいたい、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。」そんな感情。 かくいう自分もブログという形式で様々な本の感想を書きなぐっているわ…

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) 」彼女たちにとって救いとは

人間の代わりとなって大剣を振るい、世界を滅ぼす薄命の少女たち。彼女たちにとって救いとはなんなのだろう。 正直、1巻を読み終わった時に期待したことはほとんど描写されなかったので消化不良感が強い。いや、それぞれ絶望しかない状況から動き出してはい…

「半分の月がのぼる空〈2〉waiting for the half‐moon」秋庭里香のヒロイン性について

ずるいのは秋庭里香のヒロイン性だ。きっとそうだ。 「半月」ヒロインの秋庭里香は、ライトノベルのヒロインとしてはいささかキツ目の性格をしている。病気が原因なのか、元からなのかはわからないが機嫌が悪い時はすこぶる機嫌が悪いし、主人公の裕一に対し…

「半分の月がのぼる空 looking up at the half-moon」生きているって感じがする

人が生きているのを実感するのってどんな時だろう。 怪我や病気をした時か、身近で誰かが生まれたり死んだ時か、それとも楽しい嬉しい体験をした時か。 自分が生きているのを実感するのは、面白い本を読み終えた時だ。 なかでも本書は一際、人間の生というも…

アニメ・ラノベファンタジーの”呪い”を描くメタライトノベル「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」

あらゆる能力で他の種族に劣りながらも、勇者と聖剣という独特の”システム”によって長らく地上の覇者たり得た「人間」。この物語はそんな「人間族」が滅んだ後の話である。 勇者はそれにふさわしい背景、業や宿命などを背負った者から任命され、それらの業が…

「グランクレスト・リプレイ かけだし君主の魔王修業1」TRPGの楽しさがぎゅうぎゅうに詰まった一冊

実際のTRPGプレイ風景を書き出した、TRPGリプレイの1冊。 ストーリーを簡潔に表せば、正義の君主がモンスターたちを統べる魔物の王「魔王」になってしまうという最近流行りの”やさしい魔王さま”系統の物語の一種だ。それだけならままある物語のうちの一つか…

「最強魔王葉山くんの華麗なる日々」

ラノベファンはけがれなき天使のように繊細すぎるのではないか - らぶゆーブログrmarm.hateblo.jp アクセス増えたけど小説読んでくれる人は増えないって嘆いてたから読みました。 最強魔王葉山くんの華麗なる日々ncode.syosetu.com 6話まで読んだ。 主人公以…

ドエロじゃなければエロ小説じゃないと思っていた――「極地恋愛」

出版社様から献本を頂きました。 以前にも献本頂いて紹介した2作と同じビギニングノベルズで、つまりは男性向けエロラノベなのだけれど、この作品を読んですごいと思ったのはエロシーンがほとんどないことだ。 エロ小説に関してはそこまで詳しくないのだけど…

今なら自分にも「ニンジャスレイヤー」が感じれる

ニンジャスレイヤーはエンブレから出てる書籍版の1巻だけ持っていて、その1巻も周りから薦められて買ったもので、ざっと目を通してみたはいいもののイマイチピンとこない。 独特の世界観とか言語感覚は面白いけど、なんでみんなあんなに狂ったようにのめり込…

『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』このタイトルを見るたびに「勝手にジャスコ行けよ」という他人目線な感想を抱いてやまない

勝手に行っとけ! と思わず突っ込みを入れたくなるようなタイトルの伊藤ヒロ新作で、「タイトルは緩そうだけど、いつもの伊藤ヒロなんでしょ?」と思ってたらいつものようでいつもじゃなかった。 田舎ネタとRPG……というか作中でも繰り返し言われる”低価格エ…

契約、洗脳、籠絡、悪堕ち……配下を増やしてダンジョン強化のダークファンタジー「魔王の始め方」

出版社様から献本を頂きました。 先日紹介した「姫騎士がクラスメート!」と同じくビギニングノベルズの作品である。 つまりエロ小説なんだけど、ガッツリエロだった姫騎士とは違ってこちらはエロ要素のあるダークファンタジー。 邪悪なる魔法使いである主人…

異世界に転生して元クラスメイトを奴隷に「姫騎士がクラスメート!」

出版社様から直接献本いただきました。 今月より新創刊したレーベル『ビギニングノベルズ』の第1弾。 ここ数年「小説家になろう」などのweb小説が書籍化し人気を集めているが、この『ビギニングノベルズ』は男性向けなろうこと「ノクターンノベルズ」の作品…

男子高校生の性欲が爆発する!『この恋と、その未来』

一つ前の記事で純粋すぎるくらいの恋愛ラノベを紹介したが、そっちが徹底的にプラトニックな世界観を貫いていたのに比べるとこちらの作品は性欲が大暴れである。暴れん坊将軍である。 新しく始まった高校生活で男子寮の同室になった相手は性同一性障害の女の…

『陸と千星』野村美月ワールドという別世界

家政婦を雇って屋敷ぐらしのお嬢様と、そのお屋敷に毎日新聞を届ける少年の恋物語。 いやーなんて甘酸っぱい設定なのだろうか。屋敷に住むようなご令嬢と新聞配達の少年ってだけで独特の世界観を築き上げている。いったい何時の時代のどこの国を舞台にした作…

面白く無いのは罪「Seven deadly sins を狩る」

作者様から献本をいただきました。 なんでも電子書籍で個人出版をしているとのことです。 「教会」という組織によって作られた心臓貫かれても首ちょん切られても死なない、キリストも真っ青の再生能力を持つ主人公が「七つの大罪」と言われる身体から毒を分…

アクマノツマなんです。

妻が悪魔です。 「それがなにか?」とでも言わんばかりのこの堂々とした感じ、間違いない石川博品だ! 囲め!! というわけでC87で頒布された石川博品の新刊「アクマノツマ」の感想を書いていこうかなーーーーーーーーーーーーーって思ってたんですけどねー…

自分の居場所はどこにあるのか「知らない映画のサントラを聴く」

この物語の主人公は自分と似ている。 23歳で独身で無職で親元に寄生していて目的意識は薄く、自分が承認を受ける場所を求めている。 もちろん自分は女ではないし、まるっきりの無職でもない。バイトをして得た、多少のお金を実家に納めて過ごしている。 しか…

ラノベヒロインとして正しくない蒼井葉留

ラノベを書きたい主人公と、間違っている日本語を見たら添削せずにはいられない校正系女子が出会った時、青春ラブコメは始まらない。うん、始まらない。 「複雑な生い立ちの主人公がわざわざラノベを書くために寮生活を始めようとした矢先、自分の書いた原稿…

まさかのテッサ降臨「フルメタル・パニック! アンダカヴァ」

あの名作「フルメタル・パニック!」がTRPG化!!……したのはいいものの、ルールブックもリプレイも誤字だらけなうえ発売から1週間経つのに未だに公式サイトがオープンしないんですが。散々公式サイトを参照しようとか公式サイトからDLしようとか書かれている…

「カナエの星」の軽さについて

「灼眼のシャナ」の高橋弥七郎×いとうのいぢコンビ最新作。すでにいろんなところで評判が出ているが、よくもわるくも軽い話だった。 作中で描かれるのは「世界の『未来』を懸けた運命の戦い」なのだが登場人物に誰一人として危機感を抱いている者がいない。 …

HIPHOPしながら『韻が織り成す召喚魔法』の感想を書いてみた

「ノイズを取る、このマイクバトル」

さあ、あのリライトを「リアクト」しよう。

「リライト」感想記事 「リビジョン」感想記事ややこしい~~~~~なんでこんなにややこしいの~~~~~~~~ あ~~~~~ややこしややこしややこし~~~~~~~~~~~~~~ シリーズ第一弾「リライト」の真相が語られる。待望のシリーズ第三弾。 …

リニューアルしたGA文庫マガジン その内容は?

前の記事からいつまでも腐っていても仕方がないのでそろそろ更新再開。 スマホでもっと読みやすく! そして月2回配信へっ!! 『GA文庫マガジン』がリニューアルしましたよん♪ (GA文庫ブログ) GA文庫マガジンがリニューアルされた。ので読んでみた。

そして世界は「リビジョン」される。

「リライト」感想記事 全四部作の第二弾。 「リライト」よりもさらに複雑に、より理不尽に、そして狂気的に描かれる世界の「リビジョン」。 未来が見える手鏡なんて素敵なアイテムもこの完璧な世界では許されるはずもなく、未来視「ビジョン」を繰り返してい…

世界は既に「リライト」された。

SF史上最悪のパラドックスかどうかは知らないが、少なくとも自分がいままで読んだ中で最悪のパラドックスだった。 散りばめられた理不尽と不条理が終盤にかけて一気に収束し、さらなる理不尽な結末へと収束するこの気持ち悪さ。病みつきになり読了後すぐに数…

戦国時代でぼっちだけど、おっぱいがいっぱい。「戦国ぼっち attack of the Hojo army」

amazonほしい物リストから買っていただきました!ありがとうございます! Amazon.co.jp: ぬんぬん: ぬんぬんのほしい物リスト 歴オタの高校生が光の渦に巻き込まれて、気づけば戦国時代に! な極めてわかりやすいタイムスリップ小説。 タイトルのイメージと…

「名探偵は推理しない」けど読者は推理する

「名探偵は最初から答えを知っていて、辻褄合わせをしているだけ」な超理論のなんちゃって推理モノだった。 作中で起きる事件にまったく興味を引かれない上にミステリ読みなら3秒で真相が解けるくらいの稚拙な謎々を「最初から答え知ってますよ」的にドヤ顔…

ラノベ感想サイトを騒がせた裁判ラノベ「リーガル・ファンタジー1」

作者様から献本をいただきました。 そう、一部のラノベサイト持ちが騒いでいたのはこの作品のことです! まあ騒がせたというよりは勝手に騒いでただし、騒がせたのは作品じゃなくて作者だが。 編集部は作者献本を許可申請取るようにした方がいいんじゃないか…

女装少年がハーレムで野球 石川博品の怪作『後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール』

ハーレム物ばかりと嘆かれるラノベ界でガチの後宮小説を書くのは石川博品ぐらいだろうし、さらにその後宮で野球をやらせようなんて考えるのは小説界の中でも石川博品ただ一人だろうし、そんな素っ頓狂な内容を傑作に仕上げてしまえるのは世界ひろしと言えど…

「まどかマギカ」の新房監督が絶賛した魔法少女ラノベ『魔法少女禁止法』

新房監督をして『こんなに残酷で面白い魔法少女ものがあったなんて! ! 』と言わしめた作品。 「まどマギの監督が”こんなに残酷で面白い”なんて言ったところでどの口が」と思われる人も多いとは思うが本当に残酷で面白いんだから仕方がない!! 多くの少女た…

「最新のゲームは凄すぎだろ 1」すげえ! 最新のゲームなのに1990年台からなにも進歩してない!!

本文からあまり女の臭いがしないと思えば、どうやら表紙の娘はネット掲載時では後の登場のようだ。空気感がすごいから匂わす程度でもいいじゃないかと思ったがせっかくの植田亮絵だしまあいいか。おかげでタイトルが「最新のゲームはエロすぎるだろ」に錯覚…

シリーズ最大のボリューム「キノの旅 XVII -the Beautiful World-」

17巻はシリーズトップのページ数だそうで。なんでこんなに厚いかというと新聞連載分が収録されてるから。一つの話がさらに連載分に区切って細切れにされてるので分厚いのにスラスラと読める。 ボリュームがあるおかげか、キノ旅の魅力である皮肉・ファンタジ…

「DON’T TRUST OVER 30」

ちゃんと本屋のラノベコーナーに並んでいて、帯にもあらすじにも短篇集としか書いてないのに蓋を開けてみればライトノベル作品ではないのが星海社文庫の面白いところ。作者名でお察しではあったが。 まったく知らなかったのだが、以前に講談社コミックスから…