読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

もっともっと燃え上がれラノベ定義論

ライトノベル ニュース

ライトノベルの定義とボカロ小説。あるいはケータイ小説とライトノベルの文化圏 - 藤四郎のひつまぶし
一体どんなものを“ライトノベル”というのだろう―小説とライトノベルの境界線 - 空読すくらっぷ
「一体どんなものを“ライトノベル”というのだろう―小説とライトノベルの境界線」を読んで感じた事 - あざなえるなわのごとし


「これってラノベ?」「あれはラノベじゃないから」などといった軽いやりとりから気がつけばぼうぼうと燃え上がっているのが常のラノベ定義論がまた一部の界隈を暖めたようだ。
今回の火種であるalphabateさんはもともとアニメ界隈の人物だが最近ラノベ界隈まで射程距離を伸ばしつつあるので侮れない要注意人物である。ラノベクラスタは警戒されたし。




それはさておき。
今回の定義論争は、はてな村ラノベ界隈ではめずらしくラ板のテンプレが引用されていた。

ライトノベルの定義」。あなたがそうだと思うものがライトノベルです。
  ただし、他人の同意を得られるとは限りません。

いつもならば誰かがラノベ定義うんぬんを語りだすと、はてなからtwitterのラノベ読みたちへと延焼し、誰かがtogetterでオチをつけるまで不毛な論争が続いていくのだが、今回のラノベ定義論がはやくに鎮火したのはこのテンプレが持ちだされたからというのもあるだろう。
どれだけもっともらしく、偉そうにラノベの定義を語ろうともこのテンプレの前じゃ延々自分語りを続けるオナニー野郎にしかならない。火消しには抜群である。
しかし、こんなに万能な文句があっても火種が耐えないのがラノベ定義論。「あなたがそうだと思うものがライトノベルです。」だからこそ誰もが火種になりうるという点でやはりこのテンプレは真理をついてるなぁと感じる。


他所の焚き火には水をかけ、自分の焚き火はどんどん燃やしていくスタンスなのでこれからもラ板のテンプレは多用していきたい。



その他のラノベニュース
虎とラッパ |ライトノベルを『売る』ということについて最近思うこと
【Spot the 電撃文庫】『アリソン』から始まったシリーズの集大成『一つの大陸の物語』を執筆した理由を時雨沢恵一先生に聞いてみた - 電撃オンライン
橙乃ままれ:「ゲームの影響計り知れない」まおゆう作者が執筆活動の裏側語る - MANTANWEB(まんたんウェブ)
【どこよりも濃い】白鳥士郎先生 ラノベのすゝめ 講演会【行けなかった人必見】:ライトノベルのブロマガ -Light Novel Blomaga- - ブロマガ
【Spot the 電撃文庫】『安達としまむら』でのんびり過ごす女子高生たちの心の動きを描いた入間人間先生を直撃 - 電撃オンライン
4Gamer.net ― あの人気ホラーゲームがついに小説化。「放課後ライトノベル」第133回は『青鬼』で人を喰らう謎の青鬼から逃げ回ります

広告を非表示にする