読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

電撃文庫20周年、富士見ファンタジア文庫25周年、角川スニーカー文庫25周年。ラノベレーベル御三家、どこで差がついたのか

ライトノベル ニュース

大人気エンターテインメント・ノベル レーベル  電撃文庫 創刊20周年  各種記念企画 4月よりスタート!はてなブックマーク - AMW|ニュースリリース|大人気エンターテインメント・ノベル レーベル  電撃文庫 創刊20周年  各種記念企画 4月よりスタート!
[スニーカー文庫25周年ラノベ生活応援キャンペーン!第1クール]
富士見書房 | ファンタジア文庫25周年サイト


ラノベレーベル御三家という言葉をご存知だろうか。一昔前にライトノベルレーベルの中でも上位に位置する三つのレーベルのことを指して使われた言葉である。その三つのレーベルとは・・・電撃、富士見ファンタジア、そして――角川スニーカーである。
御三家
今ではこれに異議を唱える人も多いだろう。しかし、ほんの数年前までは「ラノベレーベル御三家といえば電撃、富士見、角川」という言葉に誰も疑問を持たなかったのだ。


2010年2月の段階ではすでに死語になりつつあったが、まだ電撃富士見角川を指す言葉として使われていた。
ラノベレーベル御三家の大賞作品、どれが面白かった? - 主にライトノベルを読むよ^0^/ はてなブックマーク - ラノベレーベル御三家の大賞作品、どれが面白かった? - 主にライトノベルを読むよ^0^/


今思えば、シュガーダークの失敗が本当にスニーカーの命運を分けたのではないかと思う。いきなり記者会見なんてやりすぎだなどと当時はさんざん叩かれもしたが、ハルヒに次ぐコンテンツがなかなか見つからなかったスニーカー文庫には、ようやっと出てきた大賞をあれくらい盛大に押し出すしか後がなかったのではないか。
20周年記念にはハルヒを使ってしまっている。25周年にも同じ作品をピックアップするわけにもいかない。いままでのスニーカーのやり方のようにシリーズを長く伸ばして徐々に人気を集めていくやり方では間に合わない。1巻の段階から一気に注目を集めそのまま押し出したい。そんな焦りが当時のスニーカーにはあった。シュガーダークの作者はその重圧に耐え切れなかった。


結果、25周年記念作品として持ち上げられてきたのは何の受賞作でもない「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」だった。
一方でAMWは「アクセル・ワールド」「ソードアート・オンライン」の二作品を華々しく同時アニメ化。さらに20th大感謝プロジェクトとして「はたらく魔王さま!」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」「とある科学の超電磁砲S」「ロウきゅーぶ! SS」「ストライク・ザ・ブラッド」「ゴールデンタイム」などを順次アニメ化。富士見も大賞作品である「神さまのいない日曜日」をアニメ化。25周年記念作として「デート・ア・ライブ」をライトノベル最速でアニメ化決定させるなど健闘を見せている。
電撃のアクセルは当然として。富士見は売り上げをみるとそこまで人気が芳しくなかったであろう神日を25周年という節目に合わせわざわざアニメ化させた。
決して、問題児が悪いわけではない。ただ、みんなずっと「角川スニーカー文庫25周年記念作品『シュガーダーク』」というのを夢に見ていたんじゃないだろうか。


とりあえずシュガーダークはもういいので新作を出してください新井円侍先生。


ちなみに現在は電撃富士見MFを指して「新御三家」と言われてたりする。

広告を非表示にする