主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

ラノベの聖地巡礼的なことをしてきました

失恋探偵ももせ読んでる最中。どーも舞台は小樽っぽいなぁー - Togetter
【小樽】「失恋探偵ももせ」現地調査オフまとめ - Togetter


「失恋探偵ももせ」という作品の現地を巡る旅へいってきた。

失恋探偵ももせ (電撃文庫)

失恋探偵ももせ (電撃文庫)


行く前は聖地巡礼という名の小樽観光ぐらいの軽いノリだったが、実際にやってみると作品の世界により深く入り込め、「現地調査」という言葉にふさわしい濃密な旅となった。
minkaiさんが冗談めかしてこんなツイートを残しているが、


冗談じゃなく本当に登場人物の息吹を感じるような体験だった。
作中のたった一行二行の文章から、作中で描かれなかった部分を読み取っていく。例えば134ページ。

一度スーパーに寄って飲み物を購入し、ぽつぽつ雑談しながら宇田路の街を歩いた。駅前を超えコンビニの前を過ぎ、坂を上って学校の前を右に曲がると山道に入る。

飲み物を買ったスーパーとは?通り過ぎたコンビニは?坂の上の学校は?そんなことを一つ一つ確認しながら登場人物の道程を追っていく。作品を深く知るとともに、作中の世界と現実の世界が地続きなのだということを強く認識していく。
やがて記述された箇所だけじゃあきたらず、「ここではあのキャラはどんなことをしたんだろう」「あのキャラならきっとここにきたことがあるはず」という方向へ旅は向かっていった。描かれた聖地を巡るだけではなく、もっと登場人物を追い求め知ろうとする。普通に作品を読むだけじゃ味わえないとても楽しい体験ができた。
いや、ほんとあんな人気のない場所に先輩連れ込んだももせちゃんはきっとレイプ願望があったんだろうなーとか考えて最高に胸が熱くなりました。


失恋探偵ももせ以外にも「聖地」があるラノベはたくさんある。
好きな作品の聖地を巡るだけじゃなく、聖地からそこを舞台にするラノベに触れるのも面白そうだ。
自分の住んでる場所の近くの聖地を探してみるのもきっと楽しい。
聖地巡礼ラノベ舞台マップ | ブックオフオンライン


聖地巡礼そのものをネタにしたラノベも出たし。ラノベ読みも外にでなければいけない時代なのかもしれない。
花屋敷澄花の聖地巡礼 (電撃文庫)

広告を非表示にする