読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

「ラブホに取材などと称して男女で入って結局なにもせずに出てくる系のラノベ主人公」が嫌いです。『東雲侑子は短編小説をあいしている』

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

森橋ビンゴは相変わらず嫌いになれる主人公を書く。
無気力無関心で自主性がなく。そんな自分を自覚して、引いた予防線から踏み出そうとしない。
気になるアイツとの擬似的な恋愛。”付き合っている”だけという予防線に甘えて積極的に動くも肝心なところでその線より先に踏み出せない。
もどかしく、苦々しい、そんな主人公だ。


ヒロインは、何を考えているのかよくわからない。いや、わかろうとしない。わかって、自分と違っていた時がこわいから、ヒロインに対しても予防線がひかれる。
彼女はなにを思っているのかをずっと考えるくせに答えを出さないでいる。
どれだけ周りからうまくお膳立てされようとも、この関係はいずれ破綻する。
しかし、そこで「短編小説」が鍵となってくる。


うまい構成で読みやすく。青春のほろ苦さ、甘酸っぱさを味わえる秀作。
しかし単巻で見るなら「ぼくこい」のほうが個人的には好みかも。

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

広告を非表示にする