主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

シリーズ最大のボリューム「キノの旅 XVII -the Beautiful World-」

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)
17巻はシリーズトップのページ数だそうで。なんでこんなに厚いかというと新聞連載分が収録されてるから。一つの話がさらに連載分に区切って細切れにされてるので分厚いのにスラスラと読める。


ボリュームがあるおかげか、キノ旅の魅力である皮肉・ファンタジー・ブラック・キャラ萌えがどれも詰まってて非常に満足できる1冊だった。
「鉄道の国」とか「楽園の話」みたいなファンタジー要素はすごくロマンが溢れてていい。ロマンがあればあるだけ皮肉のキレもマシマシである。ちなみにシリーズで一番好きな話は「迷惑な国」です。


それで、どの話もやっぱり面白くて「あー、今回もキノ旅さいこうだったわー」っていういつもの感想になるわけだけどさ。そんなことより言っておきたいことがあって、とりあえずこの記事の一番上を見て欲しい
スクロール(スワイプ)して一旦上に戻って確認してほしい。
確認してくれただろうか?


今回黒星紅白さんのイラストがめちゃくちゃかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいの。
まず大サービスとしてイラストノベル「ファッションの国」。ヤマもオチなく主要キャラがコスプレするだけという素晴らしいファンサービス。さらに今回もきっちり登場したフォトちゃんのかわいさも揺るがない、というかこの娘は登場するたびにかわいくなっていってる気がする。活躍こそしないけど幸せっぷりが全身からにじみ出ている。
あと個人的に「料理の国」のエプロン姿でほこらしげなキノの絵はかなり貴重だと思う。最後のページの満腹キノのかわいさも反則級である。
「恋愛禁止の国」の女の子は話の設定と相まっていままでのモブキャラの中でも一番かわいいんじゃないかってくらいだ。


今回は黒星絵を見るためだけに買ってもまったく損しないレベルであった。買った人は目次ページをずっと眺めているだけで幸せになれると思う。

広告を非表示にする