読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

ハーレムラノベあるある そのまえにハーレムラノベの定義を教えろ

ライトノベル ニュース







漠然と、最近のアニメやラノベはハーレムが多いなんてよく言われるけど。ハーレムものって実際どんな作品を指していうだろうか。
字面通りに解釈すると「後宮を備えている主人公(作品)」ということになるだろうが、そんな作品は石川博品ぐらいしかかかない。

ヒロインの数

ハーレムのような状況を形成している作品のことを例えてハーレムものと呼ばれる。だが、その”ハーレムのような状況”の解釈がわりと人によりけりだ。
ハーレムを構成する要素としてまず第一にヒロインの多さがあげられるだろう。ヒロインが一人の場合ハーレムと呼ばれることはまずない。
ではヒロインが何人からでハーレムと呼べるだろう。
たくさんのヒロインを構えハーレムものと呼ばれるような作品でも1巻時点ではヒロインが二、三人といったことが多い。
ハーレムの意味を考えれば、二、三人は少なく感じる。


ヒロインの気持ち

ヒロインが主人公に恋愛感情を持っていなければハーレムとは呼ばれない。
ヒロイン候補は多いが、その中で主人公を好きなのは数人といったパターンもある。他の女の子はただのにぎやかしだったり、少し思わせぶりな態度を取るだけだったり。
本妻ポジションが決まっていて他ヒロインが手を出しにくいということもある。
ハーレムたるもの、全員が主人公に好意を向けているべき。

僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J)


主人公の意志

主人公にハーレムを作る意志がないとハーレムは成り立たない。
最近は、肉食系のヒロインが主人公をその気にさせるという作品も多いが、厳密にいうとハーレムものではなくハーレム作成もの?
主人公が好きな女の子が一人だけの場合、いつかハーレムは崩壊する。
現代ものでは”全員平等に愛す”は倫理的にやりにくい?
主人公を取り合う作品はハーレム? 修羅場?

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)



どれか一つの要素でもクリアしていればハーレムだという人もいるし、全てクリアしなければハーレムではないという人もいる。
作品の名前をあげて話し合っても、「ソレ、ハーレム、チガウ」と議論が置きたりするのに、名前もあげずにあるあるの言い合いしても噛み合わなくなることうけあい。
話を合わせるためにもみんな後宮楽園球場読もう(

広告を非表示にする