読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

「グランクレスト・リプレイ かけだし君主の魔王修業1」TRPGの楽しさがぎゅうぎゅうに詰まった一冊

グランクレスト・リプレイ かけだし君主の魔王修業1 (富士見ドラゴンブック)

 

 

実際のTRPGプレイ風景を書き出した、TRPGリプレイの1冊。

ストーリーを簡潔に表せば、正義の君主がモンスターたちを統べる魔物の王「魔王」になってしまうという最近流行りの”やさしい魔王さま”系統の物語の一種だ。それだけならままある物語のうちの一つかもしれないが、そういった物語が成立する過程がまじまじと描かれるのはTRPGリプレイという媒体ならではだろう。

 

 

本書の書き出しは、キャラクターが冒険をしているシーンでもなく、地の文での語りでもなく、TRPGGM(本書の作者)がどんな物語を作るか計画しているところから始まる。楽屋裏スタートだ。どういう物語を創ろうか計画し、その物語に合わせたプレイヤーを考える。招いたプレイヤーがどういう風に動いていくか思索し、それに合わせてさらなるストーリーを考える。TRPG経験者はわかると思うが、至福の時間である。自分の思うがままに世界や物語をデザインしていくのだ、楽しくないわけがない。

シナリオ(物語)が出来上がると実際にプレイヤーを招いてプライングが行われる。プレイヤーはそれぞれ自分の分身であるキャラクターを創造し、それに合わせてGMのシナリオもさらなる肉付けがされる。

 

 

そういって出来上がる物語は全てがGMの想定どうりに進むわけではない。世界の創造主たるGMにも想定外が起こるのはTRPGの大きな魅力の一つだ。

本書では、本来ならば倒すべき目標であったモンスターたちを救おうと、プレイヤーたちが動き出すのだ。そうした動きに答えようとGMは新たな物語を紡ぎだす。そして1人では決して創り出せなかった物語が結実していく。多少の軌道修正はよくあることだが、シナリオの根幹が揺らぐようなハプニングは他のリプレイ本でも実際のTRPGプレイでもなかなか遭遇しないレアな状況である。それゆえに本書はめちゃくちゃ面白い。

 なんせ、読者どころか作者すらも先の展開がわからない。物語が形作られていくその瞬間を目撃できる。自分たちで物語を紡いでいくというTRPG独特の面白さが引きだった1冊だ。読んだ人はみなTRPGをやりたくなるに違いない。

 

その他にも魅力的な要素は多い。

プレイヤー4人はみな魅力的な人ばかりで、みんな自然なロールプレイなのでキャラクターに中の人の性格がにじみ出てくる様はクスリと笑ってしまう。それぞれの息もばっちりで掛け合いの面白さもひとしおだ。GMが繰り出すNPCも面白おかしく、ゲームの場を盛り上げる。その他にも書ききれない魅力はいっぱいある。

ルールや世界観の説明も丁寧でグランクレストを知らない人はもちろん、TRPGを知らない人にもおすすめしたい。

 

 

 

広告を非表示にする