主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

西尾維新のリポグラムノベル「りぽぐら!」

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

① 最初に感想文を制限なく執筆

② 五十音46字から、任意の6字を選択。

③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。

④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する!

⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱い。音引きはその際の母音とする。

⑥ ②の6字は、どのパターンでも使用可。

 

フリーワード:い う か し を ん

禁止ワード: き す せ ひ み ゆ よ れ わ

 

リポグラムという作話テクニックがある。特定の文字を使わないで物語を書くという実験だ。

本作はそのリポグラムのテクニックをもって、三本の短編で三四(さんし)が十(とお)飛んで二通り記し直そうという実験ノベルである。

 

1作目は妹が殺人した話。出てくる人物も妹や友達、母、父など他の言葉に置換が楽で、制限も軽いためまだ理解が簡単だ。

 

2作目は命をかけた博打を打つ話。この話から文字の制限もハードになってくるのだが、1作目に比べると「駒雪崩」「参加者1(いち)」などの独自の名詞が大事な言葉になっていたり、「そこに山があるからだ」などの格言を用いることもあって、そうじゃなくてもベリーハードな物語になっている。

 

3作目はなんと対話系ノベルであり、「汝の空間では~」なんて感じで語り部が読者に語りかけてくる。対話というだけでもかなり実験的なのに、この段になると書けない文字は十(とお)飛んで六文字。全文字の半の半が書けない中で、まともな短編を書き上げることが可能か。そんな感心のやまぬ話だ。

 

自分なら一番簡単な制限でもろくな文を書けると感じない。ただ、この実験風な体験は読者にまさり、作者のほうが楽しいのではと思ってしまう。

 ①の感想文:西尾維新のリポグラム小説「りぽぐら!」 

パターンB:西尾維新の制限文字ノベル

パターンC:維新記す損字小説

パターンD:物語シリーズ作者の文字欠け小説

りぽぐら! (講談社ノベルス)

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

 

広告を非表示にする