読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

西尾維新の制限文字ノベル

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

① 最初に感想文を制限なく執筆

② 五十音46字から、任意の6字を選択。

③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。

④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する!

⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱い。音引きはその際の母音とする。

⑥ ②の6字は、どのパターンでも使用可。

 

フリーワード:い う か し を ん

禁止ワード:く こ そ た つ て ぬ は ま り

 

わざと文字を制限する文章技法がある。最初に決める文字を使用せずに文を書き記す。

本書、かのような技法をもちい、三本のショートショートを四回書き直すという挑戦の産物。

 

一本目(いちほんめ)。妹が人を殺める掌編。登場キャラも妹や友人、お母さん、お父さんなど他のワードに置き換えやすく、制限も緩いから全然わかる。

 

二本目。命がけのギャンブルをする掌編。一本目(いちほんめ)以上に文字の制限もシビアになるのに加味し、一本目(いちほんめ)に比べ「将棋崩壊」「プレイヤー1」などのユニークな名詞がキーワードにされ、「山があるから」などの名言の引用すらされ、制限にかかわらず厳しい。

 

三本目など、なんと二人称の地の文が使用され、「君の世界なら~」という感じにメインキャラクターが我々に問いかけをする。二人称という制限しかあらずとも大いに試験のようなのに、最終掌編になると制限文字数が十六夜(いざよい)と同じに。全文字数の1/4(よんぶんのいち)以上が制限される中、正当な掌編を書き上げられるのか。というような興味津々な掌編。

 

自分なら十字の制限さえ、良い文章を書ける気がしない。しかし、かの試験のような催しなら読む側に非ず、挑戦する側のほうが面白いんじゃないかと思うのさ。

 ①の感想文:西尾維新のリポグラム小説「りぽぐら!」 

パターンA:西尾維新のリポグラムノベル「りぽぐら!」

パターンC:維新記す損字小説

パターンD:物語シリーズ作者の文字欠け小説

りぽぐら! (講談社ノベルス)

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

 

広告を非表示にする