主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

維新記す損字小説

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

① 最初に感想文を制限なく執筆

② 五十音46字から、任意の6字を選択。

③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。

④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する!

⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱い。音引きはその際の母音とする。

⑥ ②の6字は、どのパターンでも使用可。

 

フリーワード:い う か し を ん

禁止ワード:お け さ ち と の へ も や ら

 

字を損ずる小説技法がある。はじめに決めた字を使わずに小説を書く試みである。

本書はそういう損字技法を使用して、短な三つ話を四パターンに修正する試し書き小説である。

 

まずはじめは実妹が人殺しをする話。出てくる人物だって実妹や友人、ママ、パパみたいで他言語に置換が容易、緩い縛りなためまだ理解が簡単。

 

ふたつ目は生命を賭した遊戯をする話。ここから字の縛りだってきつくなってくるんだが、はじめに比較すると「将棋崩し」「遊技人A」なんていう固有名詞がキーワードになっていたり、「そこに高い場所があるゆえに」みたいな名ゼリフを引用する場面があって、そうでなくたって厳しい内容になっている。

 

みっつ目は意外な二人称小説であり、「君ん世界では~」なんて感じで語り手が読み手に語ってくる。二人称って縛りでもうすでにかなり革新的試みであるに飽きず、これここに至っては縛りは16字。全字数より四半数以上が縛りになる中で、意味通じる小説を完成に運ぶにいたるか。そんな興味が付きない話だ。

 

自分では至極簡単な縛りだってろくな文章を記せる気がしない。ただ、文章を使う革新的試みは読む側より遥かに書く側が楽しいんじゃなんて考えてしまう。

 ①の感想文:西尾維新のリポグラム小説「りぽぐら!」 

パターンA:西尾維新のリポグラムノベル「りぽぐら!」

パターンB:西尾維新の制限文字ノベル

パターンD:物語シリーズ作者の文字欠け小説

りぽぐら! (講談社ノベルス)

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

 

広告を非表示にする