読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

物語シリーズ作者の文字欠け小説

感想 ライトノベル 講談社ノベルス 評価C

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

① 最初に感想文を制限なく執筆

② 五十音46字から、任意の6字を選択。

③ 残った40字を、くじ引きで10字ずつ、4グループに分ける。

④ その10字を使用しないで、①の感想文をグループごと4パターン、執筆する!

⑤ 濁音・半濁音・拗音・促音は、基本の音と同じ扱い。音引きはその際の母音とする。

⑥ ②の6字は、どのパターンでも使用可。

 

フリーワード:い う か し を ん

禁止ワード:あ な に ね ほ ふ む め る ろ

 

文字減らしという小説テクが存在す。特定の文字を使わずに小説を書くという試しだ。

この物語はその文字を欠くテクを用いて、3つの短編を4通り書き直すという実験小説だ。

 

最初の一作は妹が殺人してしまうストーリー。登場キャラも妹や友達、母、父のようなその他の言葉で置き換えやすく、制限も緩いのでまだわかりやすい。

 

次の一作は命をかけた博打を打つストーリー。この物語から文字の制限もきつく変じていくのだが、最初と比べ「将棋崩し」「参加者1(いち)」だったり固有の用語がキー用語として使われたり、「そこの山へ登山しよう」といった格言の引用も存在し、そのようではいかずとも厳しい物語へと昇華した。

 

最後の一作は意外、対話式小説で、「君の世界では~」という感じで語り部が読者に語らうのだ。対話式というだけでもすごく実験的だというが、この段では制限は十六夜(いざよい)に匹敵せし文字数。全文字数の四半が制限されようという最中、真っ当の短編を執筆できようか。そういう興味の付きぬ物語だ。

 

自身では一番簡単という制限でも良い説話を書く予感せず。ただ、この実験的試行は読み人より書き人が優として楽しいのではと思うのだ。

 ①の感想文:西尾維新のリポグラム小説「りぽぐら!」 

パターンA:西尾維新のリポグラムノベル「りぽぐら!」

パターンB:西尾維新の制限文字ノベル

パターンC:維新記す損字小説

りぽぐら! (講談社ノベルス)

りぽぐら! (講談社ノベルス)

 

 

広告を非表示にする