読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

『キノの旅 XIX the Beautiful World』の「プロローグ」と「エピローグ」について

感想 ライトノベル 電撃文庫 評価C

キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)

 「キノの旅」というシリーズは連作短編なわけだけど、その各巻での印象の大部分を占めるのは「プロローグ」と「エピローグ」だと思っている。

他に印象的な話がないわけではないが、読んでから時間が経ち、後々になって特定の巻を振り返るときに自分は「そういえばあの巻はああいうプロローグだったなあ」という風に思い返す。他に面白い話があったとしても、エピソード単位ではなく巻という単位で振り返った時にまず頭に浮かぶのはプロローグでありエピローグなのだ。

そんなわけで毎年の恒例と化しているこのシリーズに大きく期待している点はプロローグとエピローグが面白い話かどうかなのだが、だからこそ声とフォントを大にしていいたい。

19巻のプロローグとエピローグはつまらなかった。

まずプロローグ読んだ段階でオチが読める。いや、まあそれだけなら別に構わないのだけど、この話aとbに分ける必要ある?

時系列順に書いても成立しそうだし、プロローグから読んで考えさせられるようなテーマも感じない。何よりプロローグで設定を明かしすぎてエピローグへの期待感が薄い。重要そうなワードを先出ししちゃってるから頭のなかでも膨らませる余地が無い。正直、もっとプロローグに適した話があったと思う、「助けに来た国」とか。というか「助けに来た国」をプロローグにすればいいじゃん、こっちこそオチが肩透かし感あるんだから先にオチ割ったほうが面白いタイプの話だと思うんだけど。

別に他の話でもいいけど起承転結のある話をプロローグとエピローグにしてほしい。今回の話、起・承で終わってる。

 

他の話は面白かった。特に「天才の国」から「秀才の国」への流れが相変わらず皮肉たっぷりで好み。

 

広告を非表示にする