読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

『ただし少女はレベル99』そしてレベル1の僕ら

感想 ライトノベル 講談社ノベルス 評価A

ただし少女はレベル99 (講談社ノベルス)

 

 

汀こるもののレベルシリーズ(?)の1巻。

中学生の出屋敷市子は不可能を可能にする女だ。すごい超能力?というか魔法を使える。頭のネジもぶっとんでる。何考えてるか判んない。地味。根暗。異分子。

ゆえに出屋敷市子はいじめられる。しかしそのいじめすらも跳ね除ける能力を持っている。出屋敷市子に害なそうとしたものは決まってなにかおかしな現象に巻き込まれ記憶も定かではなくなる。精神的にも達観していて多少のことでは動じない。she is a perfect human.まさにレベル99。神である。本人によればまだ神ではないらしいが。

出屋敷市子の周りで起こる事件も大概おかしなことばかりだ。というか周りに集まってるやつらがおかしい。天狗とか狐とか、家族構成とか親戚関係はちょっとよくわからないけど、お父さんはいるようだ。ものすごい変人だけど。良識という名の皮をかぶった宇宙人みたいな。出屋敷市子の関係者は、他にもたくさんいるようだけど、全員が全員おかしな人だと思う。

そんな、そんなレベル99な、出屋敷市子が、こわいのだ。

 

かわいいし、なんでもできちゃう出屋敷市子はすごいけど、彼女をみても出屋敷市子のようになりたいとは思わない。それにレベル1がどう頑張ったってレベル99にはなれない。現実世界のレベルは簡単にはあがらない。毎日学校に通って地道に勉強しても、毎日会社に通って真面目に仕事しても、どれだけ経験値を稼いでも、自分たちにできることなんて限られていて、不可能はずっと不可能なままで、僕たちはずっとレベル1のままなんだ。

 

続刊のタイトルにも表されているように、この物語はレベル99の出屋敷市子が徐々にレベル1に近づいていく物語なのかもしれない。そうしていくにつれ出屋敷市子は己の無力さをしっていくだろう。レベル99は完璧だ。しかしそれゆえに人間ではない。神だ。中学生女子で神とかちょっと。「かみちゅ」じゃないんだから。

 

かみちゅ! 1 (電撃コミックス)

かみちゅ! 1 (電撃コミックス)

 

 

 

出屋敷市子はその力でさんざん暴れまわる。時には力の暴力とでもいえるような清々しいまでのチートっぷりを発揮してあらゆる事件を解決する。

和風伝奇ファンタジーな連作短編だが。最後にはそれまでの物語が収束していく。

それぞれの短編自体も独創的で面白いが、やはり出屋敷市子の成長物語としての側面が一番強く、続編の内容が非常に気になる1冊だった。

 

割りと納得感のあるあとがき

 

ただし少女はレベル99 (講談社ノベルス)
 

 

 

広告を非表示にする