主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

電撃文庫はアニメ化、メディアワークス文庫は実写化

【速報】電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド』&『ゴールデンタイム』のアニメ化が決定! - 電撃オンライン
ゴールデンタイム:アニメ化決定 「とらドラ!」作者のラブコメ 13年に - MANTANWEB(まんたんウェブ)
ロウきゅーぶ!:7月からテレビアニメ放送 新キャストも発表 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
生贄のジレンマ:メディアワークス文庫の小説が実写化 監督は「デスノート」の金子修介 - MANTANWEB(まんたんウェブ)



創刊当時は電撃の2軍だとか、作家の流刑地だとか囁かれていたメディアワークス文庫だが、ビブリアのヒットにより無事に電撃ミステリー文庫としての立ち位置を確保してきたようだ。原作読者からもそれ以外からも大反響の実写ドラマ版は数字的には好調だったのか、次もメディアワークス文庫からの実写企画が上がってきた。よろこばしいことだ。
一方で前作の「とらドラ!」から昼ドラ要素10倍増しになっている「ゴールデンタイム」はアニメ化が決定。その昼ドラ具合と大学生読者の殺傷率から一部では「MW文庫でおk」「こつえーイラネ」などという声もあがっていたようだが、実写化ではなくアニメ化である。
BDBOXの売れ行きも上々でまだまだコンテンツとして優秀な「とらドラ!」のアニメファンに売りつけるというマーケティング方針はしっかりしてるので、悪くないメディアミックスだと思うが、実写化を期待してた身としては少し残念である。(図書館戦争のようにアニメ化を経て実写化されるケースもなくはないが)
電撃文庫は常に新規層の読者を開拓してるイメージなので、「ゴールデンタイム」で掴んだちょっと年代が上の層にもしっかりメディアミックスでアプローチをかけてくれると思っていたが、開拓の役割はMW文庫に委譲してしまったのだろうか。電撃文庫で書きながらMW文庫で作品をリリースしている作家は複数いるが、どの作家もMW文庫の作品のほうが冒険してる印象がある。(野崎まど除く)


ああっと、本筋から話がそれてしまった。
別に、最近の電撃やMWdisりたいわけではなく差別化出来てきていいよねと書こうと思ったのに、どうも好きな作品絡むと小言っぽくなってしまう。反省。
「生贄のジレンマ」「ゴールデンタイム」どちらも最高に面白いのでおすすめです。




その他のラノベニュース
【速報】『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』新作ゲーム制作決定! プラットフォームはPS3!! - 電撃オンライン
【コラム・ネタ・お知らせ】 おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 ドラマCD第3弾に向けて - アキバBlog
「ドラマ化して欲しい"日誌"を選んで投票」
ストライク・ザ・ブラッド:「アスラクライン」作者の新作がアニメ化 13年に - MANTANWEB(まんたんウェブ)
ラノベ関係登録RSS(一部) - 空き地。

広告を非表示にする