読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

ヤマグチノボル先生の死去と、死者を金儲けに使うという行為

ライトノベル ニュース

20130411
ライトノベル作家・ヤマグチノボルさん死去 末期がん闘病2年、41歳 (オリコン) - Yahoo!ニュース
フロントウイング公式サイト-ニュース


追悼 ヤマグチノボル先生|BOOK☆WALKER
ヤマグチノボルを挑発し続けたやらおんが証拠隠滅中



長らく闘病生活を送っていたヤマグチノボル先生がお亡くなりになった。
その早すぎる逝去に、自分の観測範囲内でもtwitter、はてな、2chなどさまざまな場所で多くの人がショックを受けていたようだった。
先生の著作を全部追いかけてはいない自分でも残念に思ったし、ましてやずっとシリーズを追いかけていたファンの悲しみは計り知れない。
だから、いままで故人を貶していたまとめブログ・アフィリエイトブログが手のひらを返したかのように故人を偲ぶ訃報記事をアップしているのに怒りを覚えるのはわかる。死者をダシにお金を稼いでるんじゃないかと声を上げたくなるのはわかる。
でも、それを非難してどうするの?とも思ってしまう。自身が亡くなってからでも、いろんな人に本を読んでほしいと思うんじゃないかと考えてしまう。たとえ訃報に合わせた販促でも、それで多くの人に読まれたほうが故人には幸せなんじゃないかと、悩んでしまう。
いろんな反応を見たが、Bookwalkerの追悼ページにまで難をつけるのはどうなんだろう。自分の倫理観のほうがおかしいのだろうか。
追悼で故人の作品を宣伝するのはいけないこと?死者で金儲けしてると非難されても仕方がないの?


最後に一ライトノベル読者として哀悼の意を表します。数々の楽しい作品を生んでくれてありがとうございました。




その他のラノベニュース

広告を非表示にする