読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主ラノ^0^/ ライトノベル専門情報サイト

ライトノベルのニュース、情報、感想等を取り扱うライトノベル専門サイト

『バビロン2』絶望の話

バビロン 2 ―死― (講談社タイガ) 作者: 野崎まど 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/07/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 1巻のレビューは他サイトで https://shimirubon.jp/reviews/1674379

『ただし少女はレベル99』そしてレベル1の僕ら

汀こるもののレベルシリーズ(?)の1巻。 中学生の出屋敷市子は不可能を可能にする女だ。すごい超能力?というか魔法を使える。頭のネジもぶっとんでる。何考えてるか判んない。地味。根暗。異分子。 ゆえに出屋敷市子はいじめられる。しかしそのいじめすら…

密室の中で繁栄する〔少女庭国〕

久しぶりにやばい本を読んでしまったので全力でシェアさせていただきたい。 まずあらすじを引用する。 卒業式会場の講堂へと続く狭い通路を歩いていた中3の仁科羊歯子は、気づくと暗い部屋に寝ていた。隣に続くドアには、こんな貼り紙が。卒業生各位。下記の…

自分が面白いと思った本が、他の人にも読まれる喜びは何物にも代えがたい「翼を持つ少女 BISビブリオバトル部」

「ビブリオバトル、GO!」 読書が好きな人ならば誰しもが抱く感情がある。 「自分が面白かった本を他の人にも読んでもらいたい、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。」そんな感情。 かくいう自分もブログという形式で様々な本の感想を書きなぐっているわ…

「半分の月がのぼる空〈2〉waiting for the half‐moon」秋庭里香のヒロイン性について

ずるいのは秋庭里香のヒロイン性だ。きっとそうだ。 「半月」ヒロインの秋庭里香は、ライトノベルのヒロインとしてはいささかキツ目の性格をしている。病気が原因なのか、元からなのかはわからないが機嫌が悪い時はすこぶる機嫌が悪いし、主人公の裕一に対し…

「半分の月がのぼる空 looking up at the half-moon」生きているって感じがする

人が生きているのを実感するのってどんな時だろう。 怪我や病気をした時か、身近で誰かが生まれたり死んだ時か、それとも楽しい嬉しい体験をした時か。 自分が生きているのを実感するのは、面白い本を読み終えた時だ。 なかでも本書は一際、人間の生というも…

アニメ・ラノベファンタジーの”呪い”を描くメタライトノベル「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」

あらゆる能力で他の種族に劣りながらも、勇者と聖剣という独特の”システム”によって長らく地上の覇者たり得た「人間」。この物語はそんな「人間族」が滅んだ後の話である。 勇者はそれにふさわしい背景、業や宿命などを背負った者から任命され、それらの業が…

「グランクレスト・リプレイ かけだし君主の魔王修業1」TRPGの楽しさがぎゅうぎゅうに詰まった一冊

実際のTRPGプレイ風景を書き出した、TRPGリプレイの1冊。 ストーリーを簡潔に表せば、正義の君主がモンスターたちを統べる魔物の王「魔王」になってしまうという最近流行りの”やさしい魔王さま”系統の物語の一種だ。それだけならままある物語のうちの一つか…

契約、洗脳、籠絡、悪堕ち……配下を増やしてダンジョン強化のダークファンタジー「魔王の始め方」

出版社様から献本を頂きました。 先日紹介した「姫騎士がクラスメート!」と同じくビギニングノベルズの作品である。 つまりエロ小説なんだけど、ガッツリエロだった姫騎士とは違ってこちらはエロ要素のあるダークファンタジー。 邪悪なる魔法使いである主人…

男子高校生の性欲が爆発する!『この恋と、その未来』

一つ前の記事で純粋すぎるくらいの恋愛ラノベを紹介したが、そっちが徹底的にプラトニックな世界観を貫いていたのに比べるとこちらの作品は性欲が大暴れである。暴れん坊将軍である。 新しく始まった高校生活で男子寮の同室になった相手は性同一性障害の女の…

自分の居場所はどこにあるのか「知らない映画のサントラを聴く」

この物語の主人公は自分と似ている。 23歳で独身で無職で親元に寄生していて目的意識は薄く、自分が承認を受ける場所を求めている。 もちろん自分は女ではないし、まるっきりの無職でもない。バイトをして得た、多少のお金を実家に納めて過ごしている。 しか…

まさかのテッサ降臨「フルメタル・パニック! アンダカヴァ」

あの名作「フルメタル・パニック!」がTRPG化!!……したのはいいものの、ルールブックもリプレイも誤字だらけなうえ発売から1週間経つのに未だに公式サイトがオープンしないんですが。散々公式サイトを参照しようとか公式サイトからDLしようとか書かれている…

世界は既に「リライト」された。

SF史上最悪のパラドックスかどうかは知らないが、少なくとも自分がいままで読んだ中で最悪のパラドックスだった。 散りばめられた理不尽と不条理が終盤にかけて一気に収束し、さらなる理不尽な結末へと収束するこの気持ち悪さ。病みつきになり読了後すぐに数…

「まどかマギカ」の新房監督が絶賛した魔法少女ラノベ『魔法少女禁止法』

新房監督をして『こんなに残酷で面白い魔法少女ものがあったなんて! ! 』と言わしめた作品。 「まどマギの監督が”こんなに残酷で面白い”なんて言ったところでどの口が」と思われる人も多いとは思うが本当に残酷で面白いんだから仕方がない!! 多くの少女た…

シリーズ最大のボリューム「キノの旅 XVII -the Beautiful World-」

17巻はシリーズトップのページ数だそうで。なんでこんなに厚いかというと新聞連載分が収録されてるから。一つの話がさらに連載分に区切って細切れにされてるので分厚いのにスラスラと読める。 ボリュームがあるおかげか、キノ旅の魅力である皮肉・ファンタジ…

おっぱいの夢を見る人間と血を吸う夢を見る吸血鬼 『ヴァンパイア・サマータイム』について

石川博品といえば官能小説も真っ青のドエロ小説を一般向けライトノベルレーベルで書き続ける作家として有名である(大ネルリの歪曲!) 新作がいまさらすごいすごいと大合唱されているがすごいというかエロい。エロすぎる。 みんなエロエロ連呼してもどんび…

OP-TICKET GAME(土橋真二郎)読了

紛れも無い傑作でした。 人生における喜びとか悲しみとかそんな究極な部分がそのまま描かれてる。 やってることは一見アホの極みだけど一度読んでしまうと少しも馬鹿にできるところなんてない。なんて隙のない展開・構成。 すこし説明をすると、作品のタイト…

演じられたタイムトラベル(土橋真二郎)読了

作者の前作である「生贄のジレンマ」が実写化するそうだが、実写という媒体でこの作者の作品の良さを引き出せるかは甚だ疑問だった。たしかに「生贄のジレンマ」の舞台装置は大掛かりで、映像にするとよく映えそうではあるがあくまであの作品のポイントは、…

緋の水鏡〈上〉〈下〉(くしまちみなと)読了

「貴様を倒して生き延びる!発火(カンパッション)!」 ん~~~~~~いいねいいねいいねこれは熱い クトゥルフ神話と日本神話を合わせた伝奇モノなのだけど、和風な雰囲気をバッグにクトゥルフ神話の残忍で容赦のない展開が怒涛に押し寄せるのが楽しい。 …

インテリぶる推理少女とハメたいせんせい In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI(米倉あきら)読了

すごい面白いけど酷評されるのも納得な1冊 強姦などの犯罪要素が文脈で何の疑問も挟まずに肯定されてるので、そこを忌避する人の指示は得られないだろうなというのが一点。 常識やセオリーといったものを引き合いにだしておいてあえてそれを完全無視(または…